中国語
お問い合わせはこちら

新規お問い合わせはメールでお願いします

ブログ ~中国最新情報~
Home > 中国最新情報 > 5Gスマートフォン新機種価格が低下傾向 他

5Gスマートフォン新機種価格が低下傾向 他

インフラ物流交通電信:5Gスマートフォン新機種の価格が低下を続けており、最新の国産10機種近くはすべて1499-2千元の価格帯となり、中国で爆発的な5Gへの買い換えラッシュを引き起こしている。6月1日ZTEは天璣(Dimensity)800チップを搭載した価格1998元からの新機種「天機Axon11 SE 5G」を打ち出した。これは中国国内初の4大キャリアの全周波数帯、全移動通信方式に対応した5Gデュアルモードのスマホでもある。華為(ファーウェイ)も同じ日に同チップを搭載した「暢享Z」を1699元で発売した。同日にはさらにOPPOの「A92S」、vivoの「Y70s」、小米の「紅米10X」、栄耀の「X10」などの価格2千元前後の5Gスマホ数機種も発売された。ZTE、ファーウェイ、OPPO、vivoなどの2千元前後の一連の新機種が登場したことで、中国メーカーの5Gスマホ価格は1500-2000元の価格帯に緩やかに移行となった。

経済:6月1日、中国国務院は「海南自由貿易港の建設全体プラン」を通達し、海南自由貿易港建設のルートマップとタイムテーブルを明らかにした。商務部研究院国際市場研究所は、「海南は中国最大の経済特区であり、改革の全面的深化を実施し、最高水準の開放政策を試行するという独自の優位性を備える。海南自由貿易港の建設は海南省の活力を増強して、海南に新たな発展チャンスをもたらすだけでなく、中国経済に新たな成長の極を構築し、大きな一歩を踏み出すことにもなる」と分析した。

投資・銀行・金融・株:統計局が3日発表したデータによると、2020年3月末に、中国の金融機関の総資産は332.94兆元で、前年同期比9.8%UP、そのうち、銀行業機構の総資産は302.39兆元で同9.5%伸びた。証券業機構の総資産は8.83兆元で、同13.5%UP。保険業機構の総資産は21.72兆元で同13.7%伸びた。金融機関の負債は302.59兆元で、前年同期比9.5%伸びた。そのうち、銀行業機構の負債は276.91兆元で、同9.1%伸びた。証券業機構の負債は6.46兆元で、同15.6%伸びた。保険業機構の負債は19.22兆元で、同14.1%伸びた。

2020.6.6 11:48:48

カテゴリ:中国最新情報 By: yoshimizu

自社商品事業
エアージェット織機コントローラーOSC-A380 サーボ・インバーター・ロボットソリューション事業
コンサルティング事業
中国駐在ビザ支援サービス 中国向け貿易・通関コンサルティング 中国からD2D輸入サービス 中国通関調査・診断サービス事業 中国人材採用支援事業 不動産コンサルティング事業
商社事業
商社事業 商社事業 中国向け新規ビジネス支援 販売代行
リクルーティング事業
外国人材採用面接代行事業 外国人留学生就職支援サービス 外国人材採用Q&Aフォーム
リサーチ事業
中国B2B販路リサーチ事業 中国現地法人・駐在員事務所設立支援事業 中国企業調査サービス事業
パートナー企業募集事業
ビジネスパートナー募集 海外ビジネス講演について 販売代理店募集 共同プロジェクト 提携先リンク

JFO

JFO