中国語
お問い合わせはこちら

新規お問い合わせはメールでお願いします

ブログ ~中国最新情報~
Home > 中国最新情報 > 中国37ヶ所主要都市の今年第2四半期の平均給与は過去最高を更新 他

中国37ヶ所主要都市の今年第2四半期の平均給与は過去最高を更新 他

経済:国家統計局は10日、2019年6月の消費者物価指数(CPI)と生産者物価指数(PPI)を発表した。それによると、CPIは前年同期比2.7%上昇、前月比0.1%低下となり、PPIは前年同期比と変わらず、前月比では0.3%低下した。6月の全国CPIは前年同期に比べて2.7%上昇した。このうち都市部と農村部は平均2.7%上昇、食品価格は8.3%上昇、非食品価格は1.4%上昇、消費財価格は3.2%上昇、サービス価格は1.8%上昇した。上半期の全国CPIは前年同期比2.2%上昇。6月の全国CPIは前月に比べて0.1%低下し、うち都市部は0.1%低下、農村部は0.2%低下、食品価格は0.3%低下、非食品価格は0.1%低下、消費財価格は0.2%低下、サービス価格は0.1%上昇。6月の全国PPIは前年同期と変わらず、前月比では0.3%低下した。工業生産者購入価格は前年同期比0.3%低下、前月比0.1%低下した。上半期のPPIは前年同期比0.3%上昇し、工業生産者購入価格は同0.1%上昇となった。

工業機電自動車:国家統計局が10日に発表した報告によると、新中国成立以来70年で中国の主な消費財業界は、供給不足から十分な供給への大転換を成し遂げた。現在、中国の時計・自転車・ミシン・電池・ビール・家具・プラスチック加工機械など軽工業製品100種類以上の生産高は、世界のトップに立っている。中国のハイテク装備類は、スタートこそ出遅れたが、急成長を遂げた。2018年、中国における携帯電話の生産量は18億台、コンピュータは3億1千万台、カラーテレビは1億9千万台で、世界の総生産量に占めるシェアはいずれも、70%から90%に達している。また、自動車生産量は2781万9千台、長年にわたり世界トップの座を維持している。高速鉄道車両は、すでに中国の代名詞となり、海外に進出している。工業製品供給力の増加は、国民経済の著しい成長を支える有力なサポートを提供している。

投資銀行金融株:国家外貨管理局が10日に発表した外貨準備に関する最新のデータによると、6月末現在の外貨準備高は3兆1192億ドルで、前月末比182億ドル増加し、増加幅は0.6%だった。同局は、「6月には、グローバル貿易情勢、主要国の中央銀行の金融政策といった要因の影響により、米ドル指数が低下し、国際金融市場における資産価格が上昇した。為替レートや資産価格の変動といった要因が作用し合い、外貨準備高は増加した。年初以来、外部環境の不確定要因と不安定要因が増大する状況の中、中国経済は全体として安定し、合理的範囲で運営され、外貨市場の需給はほぼ均衡を保ち、主要ルートでの国境を越えた資金流動に積極的な変化がみられ、外貨準備高は安定の中で増加した」と発表。

商業貿易:商務部が11日発表したデータによると、1-6月に全国で新たに設立された外商投資企業は2万131社で、実行ベース外資導入額は前年同期比7.2%増の4783億3千万元だった。そのうち6月の当月実行ベース外資導入額は前年同期比8.5%増の1092億7千万元だった。これについて、中国商務部は、「中国はいかなる外資系企業をも抑圧しないし、いかなる外資系企業も差別しない。中国は断固として外資系企業の中国における合法的権利・利益を保護する」と強調した。今年1-6月、全国実行ベース外資導入額は着実に増加していると指摘し、「現在、中国には大規模な外資撤退状況は生じていない」とした。商務部のデータによると、主な投資元のうち、韓国、シンガポール、日本、ドイツの対中投資はそれぞれ63.8%、10.5%、13.1%、81.3%増加。欧州連合(EU)、ASEAN、「一帯一路(the Belt and Road)」沿線国の実行ベース外資導入額は前年同期比でそれぞれ22.5%、7.2%、8.5%増加した(自由港経由の投資データ含む)。
 
労務・雇用・人材:オンライン求人サイトの「智聯招聘」が3日に発表した「2019年夏季中国人材雇用主の需要とホワイトカラーの人材供給報告」によると、中国全土の37ヶ所の主要都市における今年第2四半期(4-6月)の平均給与は過去最高を更新し、1ヶ月8452元に達し、前四半期比5.0%、前年同期比7.9%それぞれ上昇した。オンラインで公開されているポスト別報酬額についてみると、「月給8千元以上」がトップで、月給8千元以上のポストが全体の35.5%を占め、この割合は前四半期比やや上昇した。また、都市別の平均給与額については、全ての都市の給与額の絶対値が、前四半期比・前年同期比いずれも増加した。4-6月、平均月給増加幅が最も大きかった都市は、ウルムチと太原で、いずれも前四半期比10%を上回った。北京の平均月給増加幅は比較的小さかったが、これまで一貫して給与額が高く、平均月給は、他都市をはるかに上回る1万1204元となっている。

2019.7.12 19:07:32

カテゴリ:中国最新情報 By: yoshimizu

自社商品事業
エアージェット織機コントローラーOSC-A380 サーボ・インバーター・ロボットソリューション事業
コンサルティング事業
中国駐在ビザ支援サービス 中国向け貿易・通関コンサルティング 中国からD2D輸入サービス 中国通関調査・診断サービス事業 中国人材採用支援事業 不動産コンサルティング事業
商社事業
商社事業 商社事業 中国向け新規ビジネス支援 販売代行
EC事業
EC事業
リサーチ事業
中国B2B販路リサーチ事業 中国現地法人・駐在員事務所設立支援事業 中国企業調査サービス事業
パートナー企業募集事業
ビジネスパートナー募集 海外ビジネス講演について 販売代理店募集 共同プロジェクト 提携先リンク

JFO

JFO