中国語
お問い合わせはこちら

新規お問い合わせはメールでお願いします

ブログ ~中国最新情報~
Home > 中国最新情報 > マスク及びその生産原材料の輸出にいかなる貿易管理措置を設けず 他

マスク及びその生産原材料の輸出にいかなる貿易管理措置を設けず 他

インフラ物流交通電信国家発展改革委員会は8日、国際定期貨物列車「中欧班列」は運行が9割以上再開し、年初以来の運行本数は新型コロナウイルスによる肺炎が発生したにもかかわらず増加した。今後、国は関連の政策・措置を打ち出して、中央班列の安全で安定した高効率の運行を促進すると明らかにした。年初から2月末までの中央班列の運行本数は1132本に達し、前年同期比6%増加し、コンテナ稼働率は高水準を維持し、往路と復路のバランスが基本的に取れている。長沙国際鉄道港では、スマート化生産ライン設備がコンテナの積み込みを終え、ベラルーシ・ミンスクの中国・ベラルーシ工業パークへ出発するのを待っていた。長沙だけでなく、新型肺炎の影響が続く中、成都、重慶、西安などの重点都市でも中欧班列は通常の運行を維持する。東部・中部・西部の3つのルート、主線・幹線の35本の路線、霍爾果斯、阿拉山口、満洲里、二連浩特の4大通関地は正常に運営され、感染症の影響による遅れや混乱はみられない。同委は「今後は関連方面とともに、中欧班列の輸送力を適宜増強し、輸送すべきものはすべて輸送し、道路と鉄道をしっかり連携させ、省をまたがった輸送の早期回復を推進する。貨物が運行状態のよいターミナルに集結するよう支援する。中欧班列の効率の高い積み荷目録統合作業を試行し、輸送と通関手続きの簡略化を進め、貨物の検査や積み換えなどの作業モデルを刷新し、中欧班列を利用した輸出入の拡大を支援する」としている。

経済中国統計局が9日に公表したデータによると、2020年2月には、全国の消費者物価指数(CPI)が前年同期比5.2%上昇した。このうち都市部は4.8%上昇、農村部は6.3%上昇、食品価格は21.9%上昇、非食品価格は0.9%上昇、消費財価格は7.9%上昇、サービス価格は0.6%上昇した。12月の平均CPIは5.3%の上昇となった。2月の全国CPIは前月比では0.8%上昇した。このうち都市部は0.8%上昇、農村部は0.9%上昇、食品価格は4.3%上昇、非食品価格は0.2%低下、消費財価格は1.4%上昇、サービス価格は0.2%低下した。2月の全国の生産者物価指数(PPI)は前年同期比0.4%低下し、前月比0.5%低下した。鉱工業生産指数(IPI)は前年同期比0.5%低下、前月比0.3%低下。1-2月の平均は、PPIが前年同期比0.2%低下、IPIが同0.4%低下した。

商業貿易中国は感染症拡大のため医療用マスク及び医療用マスクの生産に必要な原材料の輸出を禁止しているとの報道があった。これについて外交部の耿爽報道官は9日の定例記者会見で「隣国間で困難や試練に直面している際には互いに見守り助け合い、同舟相救うべきだ。中国はマスクや原材料の輸出に貿易管理措置は設けていない」と述べた。耿報道官は「中国政府はマスク及びその生産原材料の輸出にいかなる貿易管理措置も設けておらず、企業は市場化原則に従い貿易を行うことができる。同時に、感染予防・抑制と大規模な生産再開の必要から、中国国内のマスク需要が依然大きい。供給不足は存在し、現段階で各国が中国からマスクを購入するのには確かに困難があるかもしれない。感染症は無情であり、人には情がある。中国は自らの困難を克服すると同時に、関係国にマスクなど医療防護物資を提供し、各国の感染症との戦いを支援し、感染症を予防し、抑制し、阻止するこの戦いに最終的に勝利したい」と表明した。

社会文化教育3月9日0時から24時にかけて、中国国家衛生健康委員会が31省から報告を受けた新型コロナウイルス感染による肺炎患者で、現在も治療を受けている患者数は計1万7721人(うち重症者は4794人で317人減)、治癒・退院した人は累計5万9897人(1297人増)、死者は累計3136人(17人増、うち湖北省17人)、感染者は累計8万754人(19人増、うち湖北省17人<武漢市17人>)、感染の疑いがあるとされている人は349人(36人増)となっている。また、現在把握されている濃厚接触者は累計67万5338人で、同日医学的観察を解除された人は4148人、現在も医学的観察を受けている人は1万6982人となっている。3月9日0時から24時にかけて、新たに感染が報告された海外からの輸入症例は2人(うち北京市1人、広東省1人)だった。3月9日24時の時点で、海外からの輸入症例は累計69人となっている。

COVID-19関連:北京市と上海市は5日、それぞれ記者会見を開き、新型コロナウイルスによる肺炎の感染状況が深刻な国や地域から来て北京と上海から中国に入国した人々は全員、自宅または指定施設で一律14日間の隔離措置をとらなければならないことを発表した。北京市が開いた新型コロナウイルス感染状況の予防・抑制措置に関する記者会見で、北京市政府は「最近、新型コロナウイルス感染による肺炎が海外で拡散傾向にある。海外にいる一部の中国人留学生や中国人労働者の中には帰国を強く望む人々もいる。ここ数日で北京の空港から入国し、イランから中国に帰国した中国人留学生だけでも約20人いる。北京は、中国で最も重要な通関地の一つであるため、その水際対策にかかるプレッシャーも大きい」とした。そして、「これまでは、過去14日間の間に、中国国内に滞在しておらず、北京の通関地から入国する人については、自宅での14日間の経過観察を免除していた。しかし、海外の新型コロナウイルス感染拡散状況の変化に伴い、これまでの政策を調整しなければならない。今後は、韓国やイタリア、イラン、日本など新型コロナウイルスの感染状況が深刻な国や地域から来て、北京の空港から入国する人について、北京経由で他の地域に行く場合、現地の規定を厳守して予防対策を講じる。目的地が北京である場合は、中国人であっても、外国人であっても、隔離観察措置をとる。北京に固定の住居がある場合、社区(コミュニティ)の予防体系に組み込まれ、自宅での14日間の隔離観察措置をとる。北京に固定の住居がない場合、指定のホテルでの14日間の医学的観察措置をとる。外交員の場合、検温し問題がない場合、関連の外交員管理弁法に基づいて対応する」と説明した。上海市の予防・抑制業務指導グループと関連当局は上海で開いた記者会見で、「過去14日以内に新型コロナウイルスの感染状況が深刻な国や地域への居住または滞在歴がある人について、中国人、外国人に関わらず一律で自宅または指定施設で14日間の隔離措置をとる。入国する全ての人を、同じ基準で管理し、入口での管理、現地での管理、場所での管理を厳格化する」ことを明らかにした。

2020.3.11 11:03:18

カテゴリ:中国最新情報 By: yoshimizu

自社商品事業
エアージェット織機コントローラーOSC-A380 サーボ・インバーター・ロボットソリューション事業
コンサルティング事業
中国駐在ビザ支援サービス 中国向け貿易・通関コンサルティング 中国からD2D輸入サービス 中国通関調査・診断サービス事業 中国人材採用支援事業 不動産コンサルティング事業
商社事業
商社事業 商社事業 中国向け新規ビジネス支援 販売代行
リクルーティング事業
外国人材採用面接代行事業 外国人留学生就職支援サービス 外国人材採用Q&Aフォーム
リサーチ事業
中国B2B販路リサーチ事業 中国現地法人・駐在員事務所設立支援事業 中国企業調査サービス事業
パートナー企業募集事業
ビジネスパートナー募集 海外ビジネス講演について 販売代理店募集 共同プロジェクト 提携先リンク

JFO

JFO