中国語
お問い合わせはこちら
ブログ ~中国最新情報~
Home > 中国最新情報 > 「2019年90後青年職場生活状態調査研究報告」が発表 他

「2019年90後青年職場生活状態調査研究報告」が発表 他

インフラ物流交通電信「中国モバイル決済発展報告」(2019年版)が第2回デジタル中国建設サミット(福州)で発表された。2018年末時点における「中国モバイル決済発展指数」(CMPI)は197.84で、上位3都市は上海、広州、北京。以下4~10位は武漢、重慶、天津、深セン、広州、温州、南京の順となった。北京は「モバイル決済情報化基礎指数」で1位、上海は「モバイル決済商業消費指数」で1位、杭州は「モバイル決済政務民生指数」で1位となった。

経済中国国家統計局は9日、2019年4月の消費者物価指数(CPI)と生産者物価指数(PPI)を発表した。データによると、4月のCPIは前月同期比では0.4%低下から0.1%上昇へと転じた。そのうち、食品価格は0.1%低下し、CPIを約0.01ポイント(p)引き下げた。非食品価格は0.1%上昇し、CPIを約0.09p引き上げた。前年同期比では、CPIは2.5%上昇となり、上昇率は前月より0.2p拡大した。4月の生産者物価指数(PPI)は前月同期比では0.3%上昇し、上昇率は3月より0.2p拡大した。前年同期比では、0.9%上昇し、上昇率は3月より0.5p拡大となった。
土地不動産不動産住宅情報サイト・貝殼がこのほど発表した「2019年女性安居報告」によると、女性住宅購入者は近年最高数に達しており、一、二線都市では男性の住宅購入者とほぼ肩を並べている。中古住宅の取引データを分析し、一、二線都市12都市における女性の住宅購入者を対象にアンケートを実施してまとめた貝殼の「2019年女性安居報告」によると、2018年における女性の住宅購入者は46.7%と、男性とほぼ肩を並べる勢いとなった。年齢別に見ると、30歳以上50歳以下の独身の女性の住宅購入者が大部分を占め、その数は年々増加している。

工業機電自動車中国国家統計局のデータによると、今年4月の製造業の購買担当者指数(PMI)は50.1%になり、2ヶ月連続で景気・不景気のボーダーラインとなる50%を超えた。前月を0.4ポイント下回ったが、2018年11月以降で2番目に高い水準だった。同月の非製造業景況指数は54.3%で、前月を0.5ポイント下回ったが、54.0%を超える拡張局面が4ヶ月続いた。

投資銀行金融中国国家外貨管理局が7日に発表した最新のデータによると、2019年4月末現在、中国の外貨準備高は3兆950億ドル(1ドルは約110.1円)に上り、3月末より38億ドル減少し、減少幅は0.1%だった。同局の王春英報道官(チーフエコノミスト)の説明によると、「4月には、中国外貨市場の運営が安定を維持した。国際金融市場では、米ドル指数が0.2%上昇とやや上昇し、グローバル債券インデックスはほぼ前月並みだった。通貨換算率や資産価格の変化といった要因が総合的に作用し合い、外貨準備高はやや減少した」とコメントしている。

商業貿易世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの株主総会が北京時間の4日夜から5日早朝にかけて約6時間、本社のある中西部ネブラスカ州で開かれた。総会で同社のウォーレン・バフェット会長(88)は再び「中国市場は非常に大きく、今後も中国への投資を拡大する」と表明した。総会ではバフェット会長とチャーリー・マンガー副会長(95)が株主から約50の質問に答えた。数十年の投資キャリアを持つバフェット会長にとって、中国市場は今、一層軽視することは決してできない宝の山となっている。総会で、バフェット会長は、「ハサウェイは中国に多額の投資を行っているが、まだ不十分だ。今後15年間に中国市場でより大規模な投資を行う可能性がある」と強調した。

社会文化教育出張に行こうとして身分証明書を忘れたことに気づき、宅配サービス・閃送の配達員に空港まで届けてもらう。フレッシュな生鮮食品やお菓子を食べたいが家を出るのは面倒という時、デリバリー配達員に買ってきてもらう。ここ数年、市内規模の配達ビジネス市場が日に日に拡大し、顧客の足代わりになる「代行ビジネス」のプラットフォームが登場すると、宅配やデリバリーの大手がこの「大きなパイ」をめぐる戦いに次々乗り出した。先月に京東快逓が市内スピード配達サービスを始めると発表したのに続き、美団もこのほど新ブランドの美団配送を打ち出し、配達プラットフォームを開放すると発表した。

労務雇用人材北京市の生活情報サービスサイト・58同城がこのほど発表した「2019年90後青年職場生活状態調査研究報告」によると、90後(1990年代生まれ)の若者たちに最も人気がある就職先はコンピューター・インターネット業界と建築業界で、手取り給与も期待する給与もトップクラスだという。給与をみると、コンピューター・インターネット・通信業界は手取りも期待も1位で、手取りが1万146元(1元は約16.3円)、期待が1万6285元。建築業界はどちらも2位で、手取りが9741元、期待が1万5759元だった。同報告によれば、働く90後の74.4%が結婚しておらず、このうち43.7%が一人暮らしをしている。彼らの結婚に対する態度は「自然に任せる」が多く、うち14.2%は「結婚するつもりはない」とし、67.2%が「26〜30歳で結婚するのが理想」とした。一線都市は新一線都市より不動産価格が高いため、一線都市に暮らし、働く90後は賃貸住宅に住む割合が48.4%に上り、新一線都市の37.9%を上回った。注目すべき点は働く90後の女性は住宅の所有率が男性を上回り、男性は自動車の所有率が女性を上回った点。

2019.5.10 15:35:06

カテゴリ:中国最新情報 By: yoshimizu

無料相談

自社商品事業
エアージェット織機コントローラーOSC-A380
コンサルティング事業
中国駐在ビザ支援サービス 中国向け貿易・通関コンサルティング 中国からD2D輸入サービス 中国通関調査・診断サービス事業 中国人材採用支援事業 不動産コンサルティング事業
商社事業
IoT・CNC・LED&LCD・バッテリー製造支援事業 商社事業 商社事業 中国向け新規ビジネス支援 販売代行
EC事業
EC事業
リサーチ事業
中国B2B販路リサーチ事業 中国現地法人・駐在員事務所設立支援事業 中国企業調査サービス事業
パートナー企業募集事業
ビジネスパートナー募集 海外ビジネス講演について 販売代理店募集 共同プロジェクト 提携先リンク

JFO